マンガ・アニメ・ゲーム等そっち系の感想と寧々さんとの愛の日々の記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 社団戦初日だった。

 2戦2敗、

 1戦目の負けはいいが、
 2戦目は3-4の戦犯でもあり、実に堪えた。

 弱い、
 弱すぎる。

 役に立てないばかりか足を引っ張ってしまい
 申し訳なくてとても悔しい。


 忙しい中でも24は結構指してたんだけどなあ。
 次回までにはもっと頑張って少しでも役に立ちたい。


 1戦目 A野チルドレン

 5人が元奨励会、1人が元高校選手権者という反則チーム。
 1部でも十分通用するような相手に3部で激突。

 ピザの相手は数年前の高校選手権者。
 負けるのは仕方ないが、
 途中まで十分に指せる~優勢に近いくらいの局面を作る所までいった。

 馬を作る△3八角を読んでいて、それで良かったのだが
 △4七角という手が見えて、
 どちらも大差はないけれど、わずかに△4七角がいいように思えて指したら
 そっちは穴が開いていて返し技があって、1手でフイにして以下は嬲られた。

 △3八角なら強敵相手に充実した将棋が指せたと思うが、
 (実力差を考えれば勝ち切るのは相当大変だったろうが、楽しむ事は出来たと思う)
 △4七角としただけで、
 いつまでたっても手番の回って来ない苦しくツライだけの将棋になってしまった。

 途中でこちらの拠点(?)の歩を取られつつ、
 ほぼ同じ局面に戻って手番が向こうのままという手順を喰らい心が折れた。

 1歩取られただけだが、
 ただでさえ、いつまでたっても手番が来ないのに
 ほぼ純粋に盤面の歩が相手の持ち駒になりつつ相手の手番のまま
 というのはメンタルを直撃するものがあった。



 2戦目 R科大OB
 
 序盤でアッサリ攻めの桂と守りの銀の交換に成功。
 そのまま優位を拡大したつもりが、
 相手のやぶれかぶれみたいな手に油断して優位をフイにした。

 確かに油断して対応を誤ったが、
 それを十二分に認めつつも、あまりに理不尽に厳しすぎた。

 いくらなんでもいきなり詰めろはヒドイ。
 そこまで相手に都合がよくなくてもいいんじゃないか。
 確かに見落としたけど、そこまで厳しいくなくてもいいと思う。


 それでも互角ぐらいだったが、
 終盤であった有力な攻め筋を見つけられず負け。
 決して難しい手ではなかった。
 第一感の手を指せばいいのに、掘り下げきれず
 終盤でこんな手はないと思いつつ明らかな緩手を指して負けた。

 弱い。
 悔しい、悔しい。



 プリキュア10周年、
 今週のコメント当番はブルーム(咲)

 舞ちゃんの回も心臓止まるほど可愛かったけど、
 咲も素晴らしいな。
 天真爛漫を絵に描いたような笑顔はかなり好き。

 今日はこれを見て癒されよう。
 

 s-eb32ee93.jpg

 



 


  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amikkmarket.blog117.fc2.com/tb.php/2745-89fbf1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。