マンガ・アニメ・ゲーム等そっち系の感想と寧々さんとの愛の日々の記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近のフリーの成績は3勝1敗。
 悪くない。


 今日は入った直後に下家のメンバーが、
 ダブリー → 満貫
 2巡目リーチ → 4,000オール
 ダブ東・發・三暗刻・対々・ドラ4の12,000オール 

 3局連続でこんなバカヅキを見せられた。
 ごん太すぎだろ。
 12,000オールって子の役満より高いよ。
 3倍満なんて見たのいつ以来かなあ。

 その後、その席に座った人は1半荘で2回役満を張っていた。
 1回は大三元で、舞い上がってか多牌してアガリ放棄になっていたが、
 多牌してなければツモられていた。
 たえ。


 オーラスで2着に23,000点離してて
 6,000オールをツモられなければトップという半荘があった。
 だが、親が片割れが枯れている出アガリ7,700のタンヤオ・対々を、
 赤五をツモって三暗刻もついた6,000オールでまくられた。
 ほっせー。


 
 何度も書いている事だが、
 個人的には打ち込みよりも、ムダヅモが延々続く方が腹が立つ。

 特に最近仕事でストレスが溜まっているので、イライラしやすいので困る。
 死ぬほどいらない字牌と端牌をツモり続けるのは法律で禁止して欲しい。
 バラバラの手の時はいいが、タンピン形とかの配牌でこれは本当にイライラする。

 あと、テンパイする牌が10種前後あるようなイーシャンテンで
 5回くらいツモッてもテンパらないのもたまらない。

 昨日は12種類でテンパイするイーシャンテンで
 7巡も空ぶった局があったが、あれは頭に血がのぼったなあ。



 
 s-t-sm_130527_074.jpg




 3巡目でこんな手になった局があった。


 man3.gifman5.gifman6.gifman7.gifman8.gif pin3_20100920200950.gifpin3_20100920200950.gifpin6_20100920201022.gifpin7_20100920201022.gifpin8_20100920201021.gif sou5_20100330214348.gifsou7_20100826005306.gifsou8_20100715235924.gif


 最高でタンピン三色のイーシャンテン。
 ソーズは両面だし、マンズもまだ好形になるかなりのイーシャンテン。

 だが、3巡目でこれなのに最後までテンパらなかった。
 それだけでも十分にイライラMAXで激おこぷんぷん丸だが、
 この局は1人ノーテンで1,000オールを支払わされた。

 なんで俺がこの手でどうやってもテンパれないばかりか1人ノーテンなんだ。

 自分はかなりノーテン罰符を重視する人間なので、
 全力でテンパりに行った手が1人ノーテンの時はかなり頭に来る。 


 テンパイ料も大きいが、相手のリーチやテンパイをかいくぐって
 なんとかテンパイした時、特にそれで親が連荘出来た時は
 その後に凄いツキが来てくれる事が多いと信じている。



 昨日、平たい状況の南場の親の6巡目くらいの手。


 man3.gifman4.gifman6.gifman8.gifman9_20080828021505.gifman9_20080828021505.gif pin6_20100920201022.gif sou1_20091207211335.gifsou1_20091207211335.gifsou2_20091207211334.gifsou2_20091207211334.gifsou6_20091207211333.gifsou9_20091207211351.gifsou9_20091207211351.gif


 なんとか親を持続させいが、手が非常に重い。
 対々に行くにも1索が既に枯れている。
 七対くらいしかなさそうだが、
 あれはイーシャンテンから非常にテンパイが遅いので
 ここから九萬・1索・9索のトリプル対子落としでタンヤオに向かった。

 途中で⑤がポンされ⑦が4枚切られて⑥まで使えなくなり絶望したが、
 下家が最後に切ったドラの七萬がチー出来てギリギリ奇跡的にテンパイし連荘出来た。



 そして次の局、配牌がこれ


 man2.gifman5.gifman8.gif pin8_20100920201021.gifpin9_20100920201021.gif sou2_20100920202501.gifsou3_20100920201039.gifsou4_20100920201038.gifsou5_20100415002254.gifsou6_20100415002253.gifsou6_20100415002253.gifsou7_20100415002253.gifsou8_20100330214329.gif


 親の第1ツモが⑦でペンチャンが埋まり、
 次のツモが赤五で頭が出来て2巡目で平和の3面張になってそのままツモッた。

 これも前局、死ぬ気でタンヤオに向かってテンパイ出来たからこそだと思っている。
 
 ギリギリまで押してテンパイを取るという姿勢はなかなか重要。
 打ち込むリスクはもちろんあるが、
 今までこの打ち方をしていた限りではリターンの方が大きかったと実感している。


 だから好形なのにテンパれないと、
 特に1人ノーテンはとても悔しい。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amikkmarket.blog117.fc2.com/tb.php/2429-b4ff8e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。