マンガ・アニメ・ゲーム等そっち系の感想と寧々さんとの愛の日々の記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 フリーであった手
 オーラス、親、トップまで11,000点差 9巡目



 man4.gifman4.gifman5red.gif pin1_20100826005231.gifpin2_20100920200950.gifpin3_20100920200950.gifpin4_20100920201022.gifpin5red_20100920201022.gifpin6_20100920201022.gifpin7_20100920201022.gif sou5red_20100415002253.gifsou6_20100415002253.gifsou7_20100415002253.gif    ツモpin5_20100826005230.gif



 2着目のラス親でトップに親満条件の所に
 オールスターの絶好の手が来た。

 4巡目で↑の素晴らしいイーシャンテンになった。
 理想は六萬を引いてのタンピン三色だが、
 ①-④-⑦、三-六、四-七萬引きはオールスターのいいテンパイになる。

 しかし、4巡空ぶって9巡目に引いたのは⑤だった。

 これでテンパイを取るには赤五萬切りになって
 オールスターがなくなってしまうので勿体無い。


 麻雀はオールスターをアガるゲームではなく、
 トップを取るゲームなので、迷った末に赤五萬切りで親満リーチをかけたが、
 結局アガれなかった。


 オールスターにこだわるなら四萬を切れば、
 ピンズの受けが①-④-⑦だけでなく②-⑤-⑧もOKになり、
 鳴いてアガる事も可能になるので、かなり柔軟なイーシャンテンではあった。

 トップより赤3枚の価値が高い歌舞伎町の点ピン、チップ1,000円の麻雀なら
 意地でもオールスターを狙う四萬切りだったと思う。

 実際、リーチ後はすぐに⑤や④を引いてきたので、
 我慢していればオールスターのメンタンピンになっていたし、
 追っかけリーチ者から六萬が出てアガッてはいた。


 あそこで赤五萬切りリーチをしたのは間違っていたとは思えないが、
 オーラスの親であれほどのチャンス手が不発だったのは残念。

 赤切りリーチだと、その色が安全と見られて切られるため
 別の色の待ちだとなかなかアガりにくいので、
 あくまでオールスターを狙うのもやはりあったのかなあ。





 別の日の話だが、
 ツモアガッた時に毎回「つもん!」と発声するオヤジがいた。

 
 ただ「ツモ」が「つもん!」に変化するだけではなく、
 余計なアクション込みなのでなかなかウザキモい。


 リーチをかけると、ツモが毎回オーバーアクションになり
 毎回腕を胸元まで引き寄せる
 その牌がツモアガリ牌の場合、
 一瞬止まってちょっと上を向いて
 
 「つもん!」 と発声する。


 どうです?
 ちょっと上を向いてから発声する所がポイントです。


 「つもん!」
 

 仲間うちの麻雀で「りゅん」とか言うのはともかく、
 フリーで「つもん!」はないと思うけどなあ。



 皆さんもフリーで


 s-dossunn01.jpg   s-safe.jpg 



 こういうことはしない方がいいと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。