マンガ・アニメ・ゲーム等そっち系の感想と寧々さんとの愛の日々の記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 徹カラ中に来たメールの続きから


 ソラ  「とらぶる復活 と結構あちこちにあるのはガセネタですか?」


 
[選抜の日-その4]の続きを読む
スポンサーサイト


 選抜の日の話はつづく。
 
 流れで徹カラに行くことになり、そこで生きがいを1つ失った。


 

 面白味のない話の後にはいつものノリで軽い話を。
 (メインは蔵さんの爆弾発言)



              /_/           . . -‐‐- . .
               /         ∠:: /⌒>,, `ヽ
  く  は  悟  7__       /ニ、{{∠∠二、 li ハ
  れ  や  空   /     /. -‐…'''⌒ヽ   ij _」
  |   く     |  / 、__    ,'{ r‐…''⌒ヽーi  .<⌒ヽ
  |   き    |  {/ヽ)   ! iヽ.).:.:.:.:.:.:.:xこ| |i  ト、 !i
  |   て    |  >''´}    ', ',.:.:.:/⌒し':::::::| ij  )ノ リ
  |     |  >イ     ', V^)⌒V⌒/7  >こノ
  |      ! ! ! ! >ノ     丶ヽ.__ー__彡'  /
  っ        \ーァ'⌒ヽ.._ \  ̄    {x‐/.:.
 ! ! ! !        r‐一.:.:.:.:.:/.:.:`ヽ/  ノ __//.:.:.:.:
///l/ ̄`ヽ∧j:.:.〈.:/.:.:.:.:.:.∠二 { ∠´/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



 

 リアルでこんな心境になった。
 来て欲しいのは悟空じゃなかったけど辛かった。


 来て欲しいと言えば、『ToLOVEる』が続編か新作かのバレが来るのは
 恐らく今日か明日。

 続編の可能性を聞いてから約1ヶ月。
 めちゃくちゃ長かった。

 知りたいけど知りたくない。
 ホントに合格発表みたいな気分だ。

 人生バラ色パッパラパー状態になるか、
 挙げて落とされて立ち直れないほどのダメージを受けるか。

 後者だったら選抜も気力を振り絞らないといけなそうだ。
 H政の小金井キャンパスってどこやねん?
 

 

 ある方の日記より面白かったので借用


 






 初心者向けアナル自慰本 「ひとりでできるもん~アナニー入門~」

 (´ー`)y━~~
 1303年 アナーニ事件


 「そんな事よりオナニーだ!」 究極のハウツー本 ひとりでえっち

 普通バージョンも後を追うように出とるw

 

 上の本はさすがに買わないが、最近では
 『ナマナカ。』という本がかなりの当たりだった。
 (表紙画像はさすがに無理だった)

 新人でこのクオリティーは凄い。
 コアマガジンの一人勝ちが続く中、富士見にもまだこんな作家がいたんだな。


 亜美デットエンド

 こんなの亜美ちゃんじゃねぇよ!!
 亜美ちゃんのコスプレをした何かにしか見えない。

 同人誌だと、かなり絵が下手でも
 「亜美ちゃんに見えない」という本はまずない。

 同人誌でも亜美ちゃんへの愛が感じられれば、多少下手だったり、
 似てなくても許容できるのだがこれはダメだ。
 愛がまるで感じられん。
 
 むろん参上も出来ない。
 というか立たn(ry

 

 -up15413.jpg



 今週のブッキー詰め合わせ


 天使っすなぁ


 a-1258851066414.jpg




 船上パーティーに呼ばれて自信を持てずに
 いたたまれずにいるブッキーがイイ。

 こういう控え目なところは亜美ちゃん・舞ちゃん・春菜ちゃんにも共通するけど
 実にツボ。

 そして、動物との触れ合いで、いつもの輝く笑顔を取り戻した彼女のまぶしさと言ったら。
 

 話というか脚本自体は相当にダメな回だったけど、
 控え目さと動物に対する優しさというブッキーの魅力が
 十二分に表現されていたのは素晴らしかった。


 「優しさ」という言葉は定義が曖昧だが、
 自分の事より他人や動物を思いやれるブッキーは本当に心優しい女の子だ。
  
 亜美ちゃん・舞ちゃん・春菜ちゃんも、
 自分より他人を思いやるタイプだし動物にもとても優しい。

 オレはつくづくこういうタイプが好きなんだとわかる。
 やっぱり女の子は大人しくて優しいのが一番。




 お気に入り


 ab-up15413.jpg    bb-up15413.jpg

 c-up15413.jpg    cc-up15413.jpg




 d-up15413.jpg    dd-up15413.jpg

 e-up15413.jpg    ee-up15413.jpg

 bbb-up15413.jpg    bbbb-up15413.jpg



 黄色のドレスと笑顔がよく似合っている。
 天使だよ、ブッキー。

 これが最後のメイン回なのが残念。
 もう1回くらいメインでやって欲しかった。
 
 あと、ブッキーに近づくmksbは氏ぬべき。


 

 ・風呂の中で止められないこと

 キリンレモン



 食い過ぎでござる。
 チーフに連れられて行った昼の安楽亭が想像以上に安くて優秀だった。

 500円で腹いっぱい食べられる。
 日曜にげんかやを切ったのに限界など知らない、意味ない。

 寒くてモチベが落ちていたがランニング再開しないとな。
 「市橋達也がカッコイイ」なんて女が大量に現れてmixiでコミュニティーを作るくらいだから、
 やはり痩せるのは見た目的に大きいようだし。
 

 セブンイレブンのコピー機の入替えをやって今さら知ったのだが、
 最近のコピー機ってメモリカードとかのデバイスから直接プリント出来るのね。

 オレの亜美ちゃん画像フォルダが火を噴くぜと
 早速カラーコピーしに行ってはみたが、高くてやめた。
 カラープリンター買うか、マン喫で印刷する方がマシだった。
 使えん。

 
 帰りに本物のキ●ガイ、マジキチに遭遇した。
 同じアニメを8回連続で流すくらい頭がおかしいと思った。

 戸田界隈では有名人らしく、一緒にいた人は何度か見たことがあったようだ。  
 ハンパな衝撃じゃなかった。
 怖かった。


 少し前の話だが山手線で梨を食ってた妙齢(30くらい?)の女を思い出した。
 地方を走る列車の向かい合わせの座席で食事するならわかるが、
 混雑してる山手線で梨を皮ごと丸かじりはあり得ない。

 梨ってそうやって食うもんじゃないだろ。
 汁とか垂れてて汚らしく、女性の姿とは思えなかった。

 なんだったんだろうな。

 

 テーマ  飛車が、m9(^Д^)プギャー
 




 いくらなんでも




 いっくらなんでもこの将棋が逆転するとは思わなかった。

 飛車を9二に囲うとか珠玉過ぎるにも程があるだろ。
 上の局面からは▲4四歩の一手でおしまいけるなのに
 何故か相手は何度も何度もその手を見送って最後には大差で勝ってしまった。

 ふざけてやったワケではない飛車を囲うまでの必然?の手順が見どころ。
 バリケードを作るのは気持ちいいなあ。




 

























































































































































































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



 

 カレーが来た。
 相変わらずの打ち回しで麻雀の真髄を見せてもらった。



 麻雀の真髄  3麻編



 カレー   「sha_20091123153853.gifポン! ton_20091123153852.gifカン! man9_20091123153852.gifポン!」



 ソラ     「カレーの手が高そうだけど、こっちも張ってるんだ。オープンリーチ! sou4_20091123154438.gifsou7_20091123154438.gif 待ち」




 カレー    「見て見て~、オレこんな手~」






   haku_20091123153851.gifhatu_20091123153850.giftyun_20091123153850.gifpei_20091123153902.gif        ポンman9_20091123153852.gifman9_20091123153852.gifman9_20091123153852.gif カンton_20091123153852.gifton_20091123153852.gifton_20091123153852.gifton_20091123153852.gif ポンsha_20091123153853.gifsha_20091123153853.gifsha_20091123153853.gif 







 20090630205424.jpg

 





 麻雀の真髄  4麻編



 オーラス、ダンラスのカレーは倍満直撃でもトップがムリという3倍満ツモ条件。
 そして、中張牌連打で国士へ向かっていた。

 オーラスに国士で逆転などそうそう都合のいい事が起こるはずもなく
 国士は実らずに終了。


 そして、局後のカレーの第一声が


 「あ~、やっぱ3種4牌からじゃムリか~~」








 6RknQb2Xhp33lmcxbkAKvQA7o1_400.jpg




 ※余談

  カレーが早めに家に帰ろうとする → 卓が割れそうになる

 →蔵さんを呼ぶ → 「もっと早く言え」と怒られる → 「カレーを引き止めておけ」と言い急いで来る

 →13回中10回トップを取って帰られる。


 この日も蔵さんは強すぎワロタ。
 13回打ってたぶん一回も振り込んでない。

 1回だけ引いたラスも-28。
 それさえも清一フィーバーを逃したらしく猛烈に悔やんでいた。

 13回中10回トップでは満足しない男、蔵さん。
 さすが、パネエっす。


 
 久々に4麻をじっくり打ったが結構楽しいな。
 P原も言っていたが、「手を作っている」感覚が4麻と違って面白い。

 最後の方までプラマイゼロくらいのペースだったが、
 ラストに7万点の大トップを取ってそれだけで5,000円近いプラスになって結構浮いた。
 ふて。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。